御用聞きとは?

~会話で世の中を豊かにする~
福祉、商業、行政など様々な分野と生活者を繋ぐハブとなりながら日々、地域のちょっとした
困りごと=「御用」を承っています。

メディア掲載

  • 2021.04.05 「読売新聞」にて御用聞きが掲載されました
  • 2021.02.18 小学館「女性セブン」にて御用聞きが掲載されました
  • 2020.08.21 テレビ朝日「モーニングショー」にて御用聞きが放送されました
  • 2020.07.30 「日本経済新聞」にて kaigo FIKA が掲載されました
  • 2020.07.05 「東京新聞」にて御用聞きが掲載されました
>その他メディア掲載事例

Youtubeチャンネル「TIME LINE」にて紹介されました

スタッフからの

おしらせ

  • [2021/4/5] 読売新聞にて「施設内御用聞き」サービスが掲載されました

  • [2021/2/2] 新しく御用聞きのブログを立ち上げました。ブログはこちら

ご利用事例

通販で購入した靴への紐通し

「あなたに結んでもらうと安心できるんだよ」とお喜び頂きました。

通販家具の組み立てや家電の取り扱いサポートも承っております。

食料品・日用品の買い物代行

「たまに食べていたあのお店のシューマイが足腰を悪くして行けなくなった。買ってきてくれて嬉しいよ。」

日常の買い物や付き添いサービスも承っております。

スマートフォンアプリの使い方サポート

「私のわかる言葉で解説書をその場で書いてくれて助かったわ」と定期的にご利用いただいております。

オンライン通話アプリに関してもサポートを承っております。

料金

福祉職のみなさまへ

御用聞き3つの特徴

一生を伴走する
終末医療が必要になるよりも、介護が必要になるよりも前から、御用聞きはご利用頂けます。

元気なうちから最期まで、ちょっとした困りごとを気軽に相談して頂ける存在になることを目指しています。
すべてを繋ぐ
医療、福祉、商業、行政……その中心には、生活者本人がいます。御用聞きは、各分野の隙間を埋め、かつ各分野を横断的に繋げるハブの役割も担っています。

「とりあえず、困ったら御用聞きに相談してみよう」そんなふうに思って頂けるよう、努力しています。
誰でも使える
5分100円から使えるサービス設計にすることによって、誰もが使いやすいサービスになっています。

また時間の制約を緩めた「ソーシャルメニュー」を充実させることによって、より便利で使いやすい存在になることを目指しています。
誰でも使える
5分100円から使えるサービス設計にすることによって、誰もが使いやすいサービスになっています。

また時間の制約を緩めた「ソーシャルメニュー」を充実させることによって、より便利で使いやすい存在になることを目指しています。

よくあるご質問

  • Q
    見積りは有料ですか?
    A
    お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。
  • Q
    超過料金はありますか?
    A
    お見積り内容の中での超過に関して追加のご請求はありません。
  • Q
    すぐ来てくれますか?
    A
    エリア内を巡回しています。巡回日についてはお問合せ下さい。
  • Q
    超過料金はありますか?
    A
    お見積り内容の中での超過に関して追加のご請求はありません。

提供エリア

東京都
23区全域、清瀬市、町田市、立川市、八王子市、西東京市

埼玉県
和光市、新座市

神奈川県
横浜市の一部地域

愛知県
名古屋市の一部地域、刈谷市の一部地域
春日井市の一部地域、知立市の一部地域

ご利用の流れ

Step.1
お申込み

お申し込みフォームかお電話にて、希望メニュー・日時等をご連絡ください

Step.2

予約確定のご連絡

御用聞きより予約確定のご連絡をします

Step.3

ご自宅へお伺い

ご予約日時にご自宅へお伺いします

Step.2

予約確定のご連絡

御用聞きより予約確定のご連絡をします

お申込みフォーム

3営業日以内に、御用聞きスタッフよりお見積りをご連絡します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
入力頂いた個人情報は適切に管理し、ご本人の了承無しに第三者へ共有することはいたしません。
  • 御用聞きTwitterアカウント
  • 御用聞き note
  • 御用聞き note